サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【天然ガス・未来へ】第3部(3) 進化と拡大 LNG輸送を国産船で モス式から始まった開発の歩み 【1面】
 わが国で使用される天然ガスのほとんどは海外からLNGタンカーで運ばれてくる。  LNGの国際海上輸送は1959年、米国と英国間の実験航海で初めて成功した。

 使用した「メタンパイオニア号」は一般的な貨物船を改造した船だった。その後、LNG専用船が登場。69年に初めてLNGを日本に運んだ「ポーラ・アラスカ号」もLNG専用船として建造された。

 当時、主流のLNG長期契約はLNGの売り主が船を用意して買い主の指定する港まで運ぶ「DES契約」だった。それもあり、日本向けのLNGタンカーは全て欧米で建造されていた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets