サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
ヤマルLNG初入荷 海外再出荷事業本格化へ/西部ガス 【1面】
 西部ガスは18日、北九州市若松区にある「ひびきLNG基地」に、ロシア・民間ガス大手ノバテクが操業主体のヤマルLNGプロジェクトで生産されたLNG約7万トンを初めて受け入れた。

 全量スポット調達で、中国などアジア向けに供給する予定。同社ではひびきLNG基地を、アジア地域でのLNG取引の拠点とする方針で、今後LNG再出荷事業を本格化させる。  

 受け入れたLNGは、販売先のニーズに応じ、コンテナやLNG船で再出荷する。販売先は、昨年からISOコンテナを使って出荷している中国のジャスダ・エナジー・テクノロジーなど中国企業や他のアジア諸国の買い手で、西部ガスが独自に販売先の開拓を行っている。ジャスダ社とは今年4月から来年3月まで計約6万トンの出荷を予定している。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2