サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
再エネ上積み限定的、エネ庁に「奥の手」あるか 【5面】
 資源エネルギー庁の「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」は6日、2030年度の再生可能エネルギー導入可能量の上積みに向けて、環境省などから報告を受けた。その結果、実現可能性が高い追加の導入量は太陽光を中心に最大でも300億キロワット時程度にとどまることが分かった。13年度比46%減という温室効果ガスの新たな削減目標の達成のためには一層の上積みが不可欠だが、現時点で効果的な方策は見当たらない。エネ庁は頭を悩ませている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

テスト
書籍・冊子の案内
●そろそろ花粉症のシーズン到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報も発表となりました。2月の上旬から各地で飛散が始まるようです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2