サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【ガス小売り自由化から2年】ガス各社「変革」進む/東京ガス、大津市・大阪ガス、青梅ガス 【1面】
 2017年4月のガス小売り全面自由化から2年。この間、多くのガス事業者は自由化に加え、人口減少、デジタル化の進展等がもたらす環境変化に対応しようと、さまざまな「変革」に取り組んできた。最前線の動きを追った。

◇革新を促すオフィス 東京ガス

 東京・港区の東京ガス本社から歩いて5分。JR浜松町駅前の日本生命浜松町クレアタワー22階の2611m2に同社のデジタルイノベーション戦略部がオフィスを構える。

 革新的なサービスの開発には、ガス業界らしからぬ環境も必要と、IT(情報技術)系企業やコンサルティング会社のオフィスのような空間とした。ここで約70人の社員がカジュアルな服装で働いている。

 業務スペースは、座席を固定しない「フリーアドレス」。業務の近いメンバーが近くに座り、ノートパソコンとモバイル端末を使いながら仕事をしている。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets