サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
地域連携/地域新電力「次の一手」、企業連携や多角化、熱事業が鍵 【9面】
 地方自治体と地元企業が地域新電力を設立する動きが全国各地で引き続き活発だ。しかし、先行した事業者の取り組みから、事業運営上のさまざまな課題があることも明るみに出てきている。

 地域新電力等を支援する団体のイベントを取材し、課題解決の糸口を探ると、業務の内製化や他事業者との連携、事業の多角化、熱事業といったキーワードが見えてきた。

◇事業の成果と課題

 宮城県東松島市。JR仙石線矢本駅から歩いて15分の場所にある東松島市コミュニティセンターで2月7日、電力小売事業の立ち上げ・運営支援等を手掛ける一般社団法人ローカルグッド創成支援機構(以下、ローカルグッド)が全国大会を開催した。講演会では、同機構に入会している地域新電力などが経営状況などについて説明した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

テスト
書籍・冊子の案内
●そろそろ花粉症のシーズン到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報も発表となりました。2月の上旬から各地で飛散が始まるようです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2