サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
871戸にエネファーム マンションの価値向上/積水ハウスなどが大阪で着工 【1面】
 積水ハウス、三菱地所レジデンス、東急不動産、東京建物、アサヒプロパティズの5社は22日、国内最大級の分譲マンションと商業・保育施設などを一体化させた大型複合タワーマンション「グランドメゾン新梅田タワープロジェクト(仮称)」を始動すると発表した。871戸全戸にエネファームを採用する。すでに今年5月に着工しており、2019年6月に販売開始、22年1月の完成を目指す。1棟でこの規模のエネファーム導入は世界初。大規模採用により、エネファームの普及にさらに弾みがつきそうだ。

 JR大阪駅・桜橋口から徒歩14分、住宅ゾーンとして開発が進められている新梅田エリアが建設予定地。かつて朝日放送やホテルプラザがあった場所だ。ここに地上51階建て、高さ約178m、延床面積約9万9500m2の大型複合タワーマンションを建設する。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets