サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
ガス主任技術者試験 傾向と対策を解説/資格試験アドバイザー 上井光裕氏 【7面】
 来年のガス小売り全面自由化を控え、ガスの専門資格「ガス主任技術者」への注目が集まっている。受験の申し込みは本日16日から6月3日まで。試験は9月25日に行われる。資格試験アドバイザーの上井光裕氏に今年の試験の出題傾向や対策を解説してもらった。
【学習の準備】

○資格取得の利点

 ガス主任技術者試験に限らず、資格取得には多くのメリットがある。苦労して取得しようとするのだから、そのメリットを考えてみよう。

 第1はスキルアップ効果である。都市ガスに関する基礎理論、製造、供給、消費機器といったガス技術の知識、ガス事業法の知識などを習得するのだから、仕事上のスキルは確実にアップする。

 第2は法的効果である。資格取得は、経済産業大臣が証明してくれる。

 第3は経済効果。企業によっては、資格取得者に祝い金を出すというところがある。また、資格取得が処遇の条件になっている企業もあるようだ。処遇は一生のことだから、その経済効果は計り知れない。

 最後の第4の効果はメンタル効果である。資格試験に合格するためには、一定期間計画的な学習が必要で、「学習習慣」が身につく。また、学習に耐えて合格するのだから、自己を制御する「セルフコントロール力」が身につく。実は、この「セルフコントロール力」は、職場の仲間や上司も評価している。私は、資格試験の効果としては、このメンタル面での効果が最も大きいと思っている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●PR冊子「おいしいガスコンロ生活」
ガス展やお客さま訪問時に最新Siセンサーコンロを訴求するのに最適なPRツール!

●年鑑『20年CITY GAS』
全国の都市ガス会社の基本データはもちろん、関連企業、団体のデータも網羅する年鑑です。

●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets