サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
110津島ガス 黒川 智勝社長/調定で年50~60件の伸び 

―LPガス業界のご出身ですね。
 愛知県西部を基盤とする親会社、蟹江プロパンの創業者の長男として生まれ、大学卒業後、東邦ガス指定工事店に入って2年間、現場監督をしながらガス工事を覚えました。親会社に戻って数年後に代表となりました。
 05年6月に津島ガスが事業多角化失敗から経営に行き詰まり民事再生法を名古屋地裁に申し立てたとき、スポンサー企業として親会社が名乗りを上げ、翌年6月に私が当社の社長に就任しました。

―都市ガス経営に名乗りを上げた理由は?
 もともと県西部は親会社がプロパンの小売事業を展開してきた地域で、津島ガス供給区域内にもお客さまが多数存在しました。そこで都市ガス事業をグループ内に持つことで、この地域の地盤を固めるという狙いがありました。新たなお客さまをプロパンで取れなくても都市ガスで取れればグループとしては同じことです。2つの事業を持つメリットは非常に大きいのです。
 民事再生法とほぼ同時に津島地区の熱量変更が行われたことも幸いしました。それまでの津島ガスはガス製造設備の能力が限界まで来ていて、お客さまからガスを供給してほしいと言われても、断るしかなかったのです。この状況のままではとても手が出せなかったでしょう。

―当地の地域特性は?
 供給区域は愛知県西部にある津島市と愛西市の各一部で、名古屋市の西方約20㎞に位置し、名鉄津島線で名古屋へ20数分の通勤圏内にあります。中世、近世の津島は伊勢と尾張をつなぐ港町として、また牛頭天王信仰の聖地であった津島神社の門前町として栄え、さらには「信長の台所津島」としても繁栄しました。
 かつては紡績の町でもありましたが、現在では廃業により紡績工場はすでになく、跡地に分譲マンションや大型スーパーが建設され、名古屋のベッドタウンとなっております。
 天然ガスは東邦ガスから導管で受け入れています。

―家庭用のお客さま件数が着実に伸びています。
 家庭用は件数で全体の95%、販売量で約70%を占めています。区域内にLPガス使用の家が多く、都市ガス普及率は33%にとどまっていますが、このことはまだ伸ばす余地が大きいことを意味すると思っています。
 ここ数年件数が伸びてきたのは、新築客の獲得とプロパンからの燃料切り替えによるものです。調定件数では年50~60件の伸びになります。
 営業の重点としては、新築営業の徹底を図り、新築客の獲得に着実な成果を挙げたいと考えています。
 また、LPガスから都市ガスへの切り替え営業や、灯油、電気(温水器)など他燃料から都市ガスへの切り替えにも引き続き力を入れていきます。

―家庭用の営業手法について。
 従来、ガス展を11月初めに開催してきましたが、業界環境の変化が激しい中で、ガス展もお客さま感謝デーなのか機器販売のイベントなのか、分かりにくくなっていました。そこでガス展は日ごろのお客さまへの感謝と業界の新しい方向性を示す場と位置付け、別途、機器販売やリフォームについては年間を通したキャンペーンを展開することにしました。9月には文化会館でリフォーム中心のキャンペーンを行い、台所や風呂の営繕修繕などの推進を図ります。

―エネファームや太陽光発電機器への取り組みは?
 ハウスメーカーから引き合いがあった場合に対応できるよう商品・メンテナンスの知識を習得するため、社員をメーカー研修等に出して普通の機器として取り扱えるようにしたいと考えています。
 太陽光発電については、一般の人は「太陽光発電機器=オール電化」の認識が強いので、ガスと太陽光発電との相性の良さをお客さまに知っていただくために、今後ちらしやイベントでの周知に努め、取り扱いについては代理店への委託も考えます。

―業務用、工業用需要について。
 業務用は狙うべき対象そのものが少ないのが実情です。工業用は11年からチーズ工場向けに年2万m3の供給を開始しました。実質的に初めての工業用向けですが、今後大きな工場が建設される可能性は小さいと考えています。

―電化攻勢の状況に変化はありますか。
 予想したほどには電気からガスへの流れが起きていません。新築における電化率は30~35%程度で、大震災後もあまり変わりませんが、既築におけるガスから電気への転換はやや少なくなりました。待ちの営業では全部電気に持って行かれるとの危機感を持っています。

―地域貢献活動について。
 本社事務所が名鉄津島駅前に位置するので、毎週月曜日には始業30分前から全社員で駅前の掃除を実施しています。また、年2回実施されるごみゼロ運動津島市美化活動にもボランティアで参加しています。
 「津島ガス」「天然ガス」を住民の方にもっと知ってもらおうと、地元のイベントなどには積極的に参加し、地域密着型企業を目指しています。
(聞き手・山口 正康)

<企業データ>(2011年度)
決算期=12月
資本金1000万円(12年6月に2億円から減資)
顧客数5451件(11年12月末現在)
ガス販売量231万3500m3(46MJ/m3)
総売上高5億395万円
経常利益2307万円
従業員数15人


ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets