サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】遺言書を上手く使おう、もめない相続のために 【14面】
 相続分野の規定を40年ぶりに見直す民法改正案が7月上旬可決された。残された配偶者が亡くなるまで今住んでいる家に住み続けられる規定を設けたほか、介護で貢献した「お嫁さん」に報いる仕組みもつくった。高齢化時代の実態に合わせた改定といえる。ただ、新たな権利が生まれると、それを巡って争いが激化する可能性もある。もめない相続のためにはどうすればいいのか。相続問題に詳しい平田久美子税理士に聞いた。

 平田さんが挙げる見直しのポイントは四つ。

 まず、残された配偶者が現に住んでいる家に一定期間、あるいは終身住み続けられる権利(居住権)が新設されたことだ。「家と土地しか財産がない時、実家を出て独立している子供たちから『家を売って遺産分けを』と迫られるケースが増えている。それを背景にできた制度です」と平田さんは解説する。家を売却せざるをえない場合でも、相続開始から6カ月間は住めるように規定された。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2