サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
エネファーム20万台、販売開始から8年で到達 【1面】
 エネファームパートナーズ(事務局・日本ガスエネルギー普及促進協議会)は10日、エネファームの累計普及台数(補助金交付決定ベース)が9日に20万68台となり、発売以来8年で20万台に到達したと発表した。エネファームは2009年5月に世界に先駆けて販売を開始。累計10万台までに5年4カ月かかったが、次の10万台は半分の2年8カ月で到達した。

 発売後も技術改良が続けられ、高効率化・小型化・低コスト化が進んだ。当初はPEFC(固体高分子形燃料電池)タイプだけだったが、11年には発電効率の高いSOFC(固体酸化物形燃料電池)タイプが登場し、選択肢が増えた。停電時も運転を継続できる機種やマンションに設置できる機種、既設給湯器に接続できる機種などラインアップも充実してきた。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会