サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
木質バイオ発電所建設、19年春稼働開始、2.2万kW/中部ガス 【3面】
 サーラグループの中部ガスとガステックサービスは11日、発電会社「サーラeパワー」を6月21日に設立すると発表した。発電規模2万2100kWの木質バイオマス発電所を愛知県豊橋市の臨海部に建設する。本稼働は2019年4月の予定。総事業費は100億円。

 新会社の資本金は3億円で、中部ガスが60%、ガステックサービスが40%出資する。社長には中部ガス豊橋供給センター所長兼導管グループマネージャーの藤田尚弘氏が就く。

 発電所の主な燃料は、インドネシアやマレーシアなどから輸入するPKS(パームヤシ殻)。商社を通じ、年間14万t程度を調達する方針。

 また、地元の東三河・遠州地域の森林資源を活用するため、間伐材や製材端材なども燃料として利用する。現在、同地域の間伐材等はほとんど利用されていないが、今後、林業関係者などと協力して流通の仕組みを構築する。稼働開始当初は月500t程度を調達し、将来的には燃料使用量の10%まで増やす目標を掲げる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●レシピ集「きじまりゅうたのおうちレストラン」
料理研究家きじまりゅうた氏監修の《元気がでる》レシピ集。

●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets